オフィス物件選定後の業務丸投げプロジェクトマネージメント

オフィス移転の流れの中で大切なポイントが2つあります

1つ目のポイントはオフィス移転を検討開始時

ニーズがまとまらないまま、物件探しをすると
結果的に目的とは違う所に着地することになることがあります。

2つ目のポイントは物件選定後の移転プロジェクトの始め方

物件決定後、移転時期を決めて、どのように進めるかを

ある程度想定していくことをお願いしております。

2つ目のポイントの「物件選定後の移転プロジェクトの始め方」の中で

プロジェクトマネジメントに依頼するという方法があります。

意外と知られていませんが、

オフィス移転の進捗管理をプロにアウトソーシングするということです。

内装屋さん、引越し業者、デザイン会社でも

類似のワンストップサービスをしている企業が多いですが

実は内容がまったく違います。

プロジェクトマネージメントは下記の役割を行います。

1、プロジェクトを納期通り、完了させる指揮

2、プロジェクトの御社の立場に立ってコストマネージメント

3、御社の立場に立って、環境改善のための入れ替えの見直し

オフィス移転の規模が大きければ大きいほどPMがしっかり入り
年単位でプロジェクトの進捗管理をしています。

ちなみにPMの収入源がプロジェクト総費用に対して発生しますので、

発注内容を増やすことでフィーは増減しないので、

依頼主の目的達成のために仕事をしてくれます。

とは言いつつも、

オフィス移転プロジェクトのためにプロを採用するので安くはありません。

下記の内容に当てはまる企業のオフィス移転は

アウトソーシングコストに見合うのでご検討ください。

・オフィス移転が100坪以上

・オフィス空間にこだわりたい

・オフィス移転工事日程がタイト

 

【40坪のオフィス移転の例】

40坪に移転される企業の方にご利用頂き、

PM費用としては100万程度かかりましたが、

移転日までの短い期間の中で、

会社が目的とするイメージする空間デザイン、

機能を実現したレイアウトにしなければいけません。

かつ予算に合わせたコストコントロールと日程調整が必要です。

日程がタイトだと全体的に中途半端なものになり、

結果に妥協するなることがあります。

今回の40坪の案件では、

物件選定後、すぐにプロのお願いすることで、

懸念されることを解消しながら納期に合わせて調整していくことで

当初難しいだろうと思われていた希望が予算内ですべて実現しました。

貸主様が当初懸念していた問題も、ちゃんと解消して、

貸主様にも結果的に喜んで頂いた上で、無事に移転することができました。

弊社のPMは規模として30坪~1,000坪前後を受注実績があり、
各取引先も様々なニーズに合わせて使い分けていくことができます。

また御社の既存の取引先に依頼したいということであれば

そのようなご要望も受け入れながらプロジェクトを進めていくことができます。

また大手の什器メーカーとも取引がありますので、

仕入れ金額も明瞭会計で、適正なコストコントロールもします。

物件決定後、オフィス移転の進め方に悩んでいる方がいましたら

気軽に「オフィスプロジェクトマネージメント希望」とお問合せください

お問い合わせフォーム

ご送信頂ければ担当者からご連絡させて頂きます。

*なるべく急いでご連絡しますので、
平日なら当日、遅くとも翌日午前中までにご連絡させて頂きます。

関連記事

ページ上部へ戻る