リノベオフィスのすすめ

せっかくオフィスを移転するなら

薄い青いタイルカーペットに、白い壁紙の貼ってあるTHE事務所ではなく、

少しでもおしゃれな空間に移転したいですよね?

 

リノベオフィス 渋谷

古い物件を新しい空間に変えてしまう人気のリノベーション物件。

もしくは、入居した物件を自分たちで変えていくDIY*オフィスの人気が出てきています。

*DIY…(DO IT YOURSELFの略。自分で作る)

皆さんに決まって聞かれるのは、だだ広い倉庫とか、古い戸建てとかないのとか言われます。

都内にはなかなかそのような物件が少なく、

もしあっても工事予算がないと、うまく使いこなせないというのが現状です。

今回は、予算が少なくても空間を変身させる事例をご紹介します。

 

①タイルカーペットを取ってみる【コスト:☆】

リノベ前 オフィス リノベ中 オフィス タイルカーペットはがしただけ

床の雰囲気を変えるだけで、空間は大きく変わります。

タイルカーペット、もしくはフローリングの仕様を変更するだけで

空間が変わっていきます。

 

 

②天井を取ってみる【コスト:☆☆☆】

リノベ前 オフィス リノベオフィス 渋谷

これだけで空間の広がりは違います。

退去時に原状回復で戻さないといけませんのでご注意!

 

 

③全面を白く塗装

リノベ中 白く塗装 リノベ中 白く塗装中 リノベオフィス 渋谷

ライティングレールを設置する。

あとは利用者のセンスで照明を選ぶだけです。

どんな照明機器を選ぶかだけで大きく違います。

また照明の色に関しても重要です。

照明の色で空間の雰囲気だけではなく、仕事の効率を変えます。

以前の記事をご参照ください。

 

 

④照明を配置する

どのような照明で構成するかで全く雰囲気は変わります。

照明機器が持ち出す雰囲気も大きいですが、

スポットライトで一か所を照らす、または蛍光灯のように全体を照らすという選択肢があります。

この組み合わせと、照明の色が雰囲気を大きく変えてしまいます。

この事例はすべて同じ空間です。

 

でも少しの変化をもたらすことによって、ここまで空間は変わります。

このようにアレンジができるかどうかはビルオーナーの許可を得る必要があります。

アレンジができるオフィスを見つけて、入居者の好みに合わせてアレンジまでお手伝いしていきます。

もちろん予算が多い方がいいものができますが、

予算に合ったアレンジをご紹介しますので、何なりとご相談ください

少しアレンジをしてみるとこのような空間になります。

161015_%e6%b8%8b%e8%b0%b75f_004 161015_%e6%b8%8b%e8%b0%b75f_027

 

ちなみに、うちのオフィスでは黒板塗装を導入しています。

 

 

ここに何を描くかで、空間の雰囲気は変わります。

ちなみに、なぜ世の中の企業はDIYオフィスをするか知っていますか?

これは普通のオフィスで仕事するよりも

かっこいいオフィスで仕事をした方がモチベーションも上がり、

採用にも、チームビルディングにも効果的だからです。

詳しい手法に興味がある方は、オフィス物件探しから移転までご依頼ください。

 

DIYオフィスにしたいと希望される企業の方は

物件探しからオフィス移転までサポートしていますので

興味があればご相談ください。

お問い合わせフォーム

ご送信頂ければ担当者からご連絡させて頂きます。

*なるべく急いでご連絡しますので、
平日なら当日、遅くとも翌日午前中までにご連絡させて頂きます。

関連記事

ページ上部へ戻る