記事

  1. HOME
  2. ブログ
  3. オフィス物件
  4. コンクリート打ちっぱなし スケルトンオフィスの特長と効果的なレイアウト解説
shinka 92740 renovated warehouse office architecturemodarn offi 9c0f0eff 95fd 4a5a 9d45 b49dda9ed82a 1しんか

コンクリート打ちっぱなし スケルトンオフィスの特長と効果的なレイアウト解説

空間の再構築がキーワードとなる現代オフィス。その象徴が「スケルトンオフィス」。打ちっぱなしコンクリートの質感とインダストリーなダクトレールの機能性が織りなすインダストリアルデザインは、働く人々の創造性を刺激します。この記事では、コンクリート打ちっぱなしスケルトンオフィスの特長から、実際にオフィスレイアウトを考える際の効果的なアイデアまでをご紹介します。

shinka 92740 renovated warehouse office architecturemodarn offi dd58319e 8754 48eb ad1a 1d7e52cf53b1しんか

1. スケルトンオフィスとは何か インダストリアルスタイルの魅力

スケルトンオフィスとは、建物の基本的な構造である「骨組み」を生かしたデザインのことであり、インダストリアルスタイルとしても知られています。その最大の特長は、無駄な内装を省くことでオフィスを広々と感じさせるとともに、レイアウトの自由度を高める点にあります。また、素材感を生かした空間づくりは、シンプルながらもスタイリッシュな雰囲気を演出し、働く人のクリエイティビティを刺激する効果があります。

1.1. スケルトンオフィスの基本理念

スケルトンオフィスの基本理念は、「空間に無駄を作らない」ということにあります。工事を行なう前の状態、すなわち骨組みだけを残したスケルトン状態を利用することで、利用者がそれぞれのニーズに応じたレイアウトを実現することができます。この考え方は、特にスタートアップ企業や、クリエイティブな仕事をする人たちに好まれる傾向にあり、柔軟な働き方を支える環境として注目されています。また、オープンな空間づくりは、コミュニケーションの促進やチームワークの向上にも寄与するとされています。

1.2. インダストリアルデザインの歴史と特長

インダストリアルデザインは、産業革命時代にその起源を発し、工場や倉庫の建築スタイルから派生しました。特に、コンクリート、鉄、木などの素材の質感を生かしたインテリアや建築は、現代でも幅広く受け入れられています。シンプルかつ機能的なスタイルは、ミニマルライフを好む人たちにも支持され、モダンなデザインを好む都市的センスを象徴するスタイルとなっています。

1.3. コンクリート打ちっぱなしのスタイリッシュな空間

コンクリート打ちっぱなしの壁は、スケルトンオフィスにおいて非常に人気のある内装の一つです。無機質で冷たい印象の素材を活かし、現代的で洗練された空間を演出できます。このスタイルは、工業的で無骨な魅力を持ち合わせ、シンプルな中にも個性が際立つようなデザインに仕上がります。ちょっとしたプランテーションやカラフルなアートワークを組み合わせることでアクセントを加えることもでき、多彩な表情を見せるスケルトンオフィスの可能性は広がりを見せています。

shinka 92740 renovated warehouse office architecturemodarn offi 4f413a86 6ae9 483d 8fa5 025a977d209fしんか


2. 躯体とは 建物の骨組み

オフィスデザインにおいて基盤となる「躯体(スケルトン)」とは、まさに建物の骨組みを指します。それは、床面、柱、梁など、オフィス空間の根本を構成する重要な要素です。スケルトンオフィスと聞くと、無機質で冷たい印象を持つ方もいるでしょうが、実はその骨組みが生み出すデザインの自由度の高さがスケルトンオフィスの大きな魅力なのです。この躯体を理解することが、効果的かつ機能的なオフィスレイアウトを創出するための、重要なステップとなります。

2.1. 躯体の構造とデザインの関係

オフィス空間を構成する躯体の構造はデザインと切っても切り離せない関係にあります。躯体がしっかりと設計されていなければ、いくらデザインに優れていてもその機能を十分に発揮することは出来ません。 例えば、開放感あふれるオフィスを実現したければ、柱の位置を工夫したり、梁を見せるデザインにしてみたりすることで、スペースが広く感じられ、またスタイリッシュな雰囲気も演出できるでしょう。また、躯体の耐久性を考慮した上で、自然素材を取り入れることで、エコフレンドリーかつ温かみのあるオフィス空間を創出することも可能です。構造とデザインは一体となり、オフィスの安全性、快適性、そして美しさを創造していきます。

2.2. 天井が高いことのメリット

天井が高いオフィスは、ただでさえ広々とした印象を与えるだけでなく、実際に多くのメリットを有しています。例えば、高い天井は空気の循環を促し、働く人たちの快適な環境を作り出します。また、十分な天井高があれば、オフィスに開放感をもたらし、ストレスを感じにくい環境を実現することができるでしょう。さらに、高い天井空間を利用すれば、デザインにおいても照明や装飾などの選択肢が増え、創造的なアイデアを存分に発揮することが可能です。天井が高いという一見単純な特徴が、オフィス環境全体に肯定的な影響を与えるのです。

2.3. ダクトレールを取り入れた機能的なオフィス空間

ダクトレールを取り入れることによって、オフィス空間は一層機能的でモダンな印象を持つようになります。ダクトレールを使った照明計画は、必要に応じてライトの位置を調整できるため、多目的に使用されるオフィススペースに最適です。また、適切に配置されたダクトレールは、配線の見た目をすっきりとさせると同時に、メンテナンスのしやすさも高めます。デスクワークからリラックススペースまで、様々な用途に合わせた照明を柔軟に設定できるため、進化するオフィスのニーズに対応し、働きやすい環境を構築していきます。

shinka 92740 renovated SOHO office architecture fb62ea8f 0a58 49f8 87ca e5c0d769eeb0しんか

3. オープンスペースの効果的な利用方法

オープンスペースは、コミュニケーションやアイデアの共有を助ける場所として現代オフィスでは欠かせません。スケルトンオフィスは特に、効率的なオープンスペースの設計が求められます。このような空間の利用方法を工夫することで、従業員の創造性や生産性を高め、快適な職場環境を実現できるでしょう。効果的なレイアウトは、スタッフが自然に集まりやすく、かつ融通が利くようにしなければなりません。本文では、オープンスペースを最大限活用するポイントを詳しく解説していきます。

3.1. コラボレーションを促すオープンスペースのレイアウト

コラボレーションを促すオープンスペースのレイアウトは、予期せぬ出会いや会話を生むために重要な役割を担っています。このような環境をつくるには、まず、従業員たちが自由に動き、コミュニケーションがとれるような空間設計が必要です。共有の中央エリアを設け、そこに快適なソファやカフェスタイルのテーブルを配置することで、気軽にアイデアを交換する場ができます。さらに、ホワイトボードや画面を共有できるデバイスを備えることで、スムーズな情報共有やブレインストーミングが可能になります。また、オープンスペースには個々人が集中して作業できるような静かな領域も設けることが重要でしょう。これらの配慮によって、従業員は柔軟な働き方ができるようになり、クリエイティビティが促されるでしょう。

3.2. フレキシブルに変更できるレイアウトのポイント

フレキシブルにレイアウトを変更できるオフィスは、多様な働き方や業務の変化に対応できるため、効率的なオフィス環境を維持する上で非常に有効です。そのポイントとして、まず、軽量かつ移動しやすい家具を選ぶことが挙げられます。例えば、キャスターが付いたテーブルやチェアを使用することで、スピーディにレイアウト変更を行えます。また、仕切りのないゾーニング概念を採用し、エリアごとに異なる活動ができるよう配慮することも大切です。加えて、様々な業務に対応した照明や電源のアクセスのしやすさもフレキシブルなレイアウト造りには欠かせない要素でしょう。これらの配慮により、企業は変わりゆく働き方に柔軟に適応する職場を提供できるでしょう。

3.3. 空間利用におけるクリエイティブなアイデア

効果的な空間利用はクリエイティビティを創出する上で重要です。オープンスペースを有効に使い、従業員にとって魅力的なオフィスを作るには、オリジナリティ溢れるクリエイティブなアイデアが必要です。例えば、オフィスの一角にリラックスできるリフレッシュコーナーや、植物を配置したグリーンスペースを設けることで、心地よい休息の場を提供することができます。また、アート作品を展示することで、刺激的な環境を作り出すと共にオフィスのイメージアップにも繋がるでしょう。他にも、従業員がアイデアを書き留められるウォールステッカーや、共有スペースに設置するインタラクティブなディスプレイなど、コミュニケーションを促進する仕掛けを凝らすことで、仕事の効率が向上するだけでなく、オフィス全体が活気づくでしょう。

shinka 92740 renovated warehouse office architecturemodarn offi c5ff47fa fe2d 4f52 89f5 8c7482da3138しんか

4. フレキシブルなワークプレースを実現するためのアイデア

オフィスのレイアウトをフレキシブルにすることは、働き方を多様化させ、創造性を高めることにつながります。今日の労働環境は急速に進化していて、それに合わせたワークプレースの柔軟性は非常に重要になっています。スケルトンオフィスの特長を活かし、効果的な空間を創造するアイデアには、可動式の家具やパーティションの活用、デジタルツールによるコミュニケーションの促進などがあります。このセクションでは、そういった様々なアイデアについて具体的な例を交えてご紹介することで、フレキシブルなオフィスの実現に向けた一歩を踏み出していきます。

4.1. レイアウト変更による働き方改革

レイアウトを変更することで、従業員の働き方を大きく改革することができます。たとえば、立ち仕事を促進するためのハイデスクの導入や、リラックスできるブレイクエリアの設置です。それにより、健康促進と生産性の向上を実現することができるでしょう。また、部署間の垣根をなくすオープンスペースのデザインはコラボレーションの機会を増やし、新しいアイデアの創出を支援します。さらに、タスクに応じた小さな分散型ワークスペースを作ることで、集中して作業する環境を確保できます。これらの改革は、柔軟な働き方を促し、ワークプレースの最適化に貢献していきます。

4.2. 個性的な空間作りのためのヒント

スケルトンオフィスでは、原状のコンクリートや鉄骨を活かしたデザインが特長ですが、個性的な空間作りにはさらなる工夫が求められます。例えば、アート作品や植物を配置することでオフィスに温かみを加えることができます。また、社員が自分のデスクやワークスペースをアレンジすることを奨励し、自由な発想を促すことも有効です。オフィスにスタンディングバーやカフェのような共有スペースを設置することで、非形式的なコミュニケーションを促進し、職場の雰囲気を活気づけることができます。これらの空間作りのヒントを活かすことで、オフィスに独自の個性を表現することが可能になります。

4.3. 機能性とデザインのバランス

機能性とデザインのバランスは、快適で効率的なワークプレースを実現するためには欠かせません。スケルトンオフィスでは、その開放感とシンプルな魅力を生かしながら、使い勝手の良いオフィスを設計する必要があります。例えば、見た目だけでなく使いやすさにも配慮した家具や照明を選ぶこと、シャープなデザインの家具を配置することで、空間にモダンな印象を与えることができます。また、有線や無線のインフラをうまく組み込むことで、機能的ながらも美しいオフィス空間を実現することができるでしょう。適切なバランスを保ちながら、実用性を損なわずにスタイリッシュなオフィスをデザインすることが大切です。

shinka 92740 tokyo citybeautiful office architecturewarehouse o 12f11bc5 a24a 43ac 83e4 133a515c9679しんか

5. エコフレンドリーなスケルトンオフィスの設計

地球の未来を考え、エコフレンドリーなオフィス設計は今や重要なテーマとなりました。その流れの中で、スケルトンオフィスは環境との調和を重視するデザインとして注目されています。再使用可能な素材の選定や、自然光を最大限に活用する窓の配置など、地球にやさしいオフィスをつくることは、企業の社会的責任を果たす上で欠かせない部分となってきているのです。

5.1. 環境に優しいオフィス空間の実例

エコフレンドリーなスケルトンオフィスの設計例として、自然光をたっぷりと取り入れ、空調の使用を減らすために大きな窓が設えられたオフィスがあります。光や風の流れに配慮した間取りはエネルギーの消費を減らし、効率的で快適なワークスペースを提供します。また、植物を積極的に取り入れることで、空気の浄化と心の癒しを促進するほか、リサイクル材料を使用した家具は持続可能な社会づくりにも貢献しています。地域の気候や文化を反映した設計により、企業独自のエコフレンドリーなオフィス空間が実現されているのです。

5.2. エコフレンドリーデザインの要素

エコフレンドリーなオフィス設計において重要なのは、自然素材の利用、省エネルギー性、再生可能エネルギーの導入です。例えば、木材や竹などの自然から得られる素材は、環境負荷が低い上に、オフィス空間に温もりを与えます。また、LED照明や省エネ型の家電製品を導入することで、消費エネルギーを大幅に削減することが可能です。さらに、ソーラーパネルの設置により、再生可能エネルギー源を活用したオフィス運営が実現できます。これらエコフレンドリーな設計の要素は、地球環境だけでなく、働く人への配慮も意味しているのです。

5.3. ローコストで実現する緑豊かな職場環境

エコフレンドリーなオフィスを実現するためには、高額な費用がかかると考えられがちですが、工夫次第でローコストでもグリーンなオフィス空間を作り出すことができます。地元で調達できる材料を使用することにより、輸送コストや資源の消費を抑えることができ、クリエイティブなリサイクル家具を取り入れることで、コストを削減しつつ個性的な空間を演出できます。また、従業員が管理しやすい種類の植物を選ぶことで、持続可能な緑の環境を低コストで維持することが可能です。エコフレンドリーでありながら経済的なオフィス空間は、長期的なコスト削減と従業員の満足度向上の両方を実現する鍵となるでしょう。

スケルトンオフィス エントランスTOP小さめしんか

6. モダンでアーバンなオフィスレイアウトの例

オフィスのデザインがビジネスの成果に与える影響は大きく、特にモダンでアーバンな雰囲気を持つオフィスレイアウトは、クリエイティブな仕事をするうえで重要です。都市的で洗練されたオフィスは、働く人々の動きや交流を促し、モチベーションの向上にも繋がります。このような環境のもと、日々の業務効率が上がり、企業文化の形成にも寄与することが期待されています。今回は、モダンなオフィスレイアウトの具体例として、どのような要素が取り入れられ、どのような効果があるのかを解説していきます。

6.1. アーバンデザインの要素を取り入れたオフィス

都会的なオフィスデザインには、コンクリート、ガラス、スチールといった素材を活用したインテリアが特徴として挙げられます。これらの素材は、無駄を削減しつつ機能性と美学を兼ね備えており、空間に開放感とスマートなイメージを提供します。また、アーバンデザインでは、グリーンやアート作品を上手く配置し、クリエイティブな刺激を与える工夫も見られます。オフィス全体の空間計画においては、自然光を取り入れることでエネルギー効率の良さとともに、働く人々のストレス軽減にもつながるでしょう。さらに、共有スペースの設計には、コミュニケーションを活発にするよう意図されたレイアウトが必要です。インダストリアルな要素を取り入れたオフィスは、現代的でありながらも温かみを感じさせる空間を作り出し、所属する社員たちにとって魅力的な働く場となるのです。

6.2. モダンな雰囲気を演出するインテリアとは

モダンなオフィスインテリアでは、シンプルかつ機能的な家具選びがポイントとなります。例えば、エルゴノミクスに基づいたデスクやチェアは、長時間の労働でも疲れにくい仕事環境を提供します。また、カラーリングは中立的なトーンを基調に、アクセントカラーを効果的に配することで、スタイリッシュかつ落ち着いた雰囲気を創造することができます。壁には、社員のエネルギーを引き出すようなインスピレーショナルなアート作品や、ブランディングに沿ったデザインを採用することも重要になります。清潔感を保ちつつ、植物やディテールを利用して、活気ある空間にすることで、働く人々の創造性や生産性を最大限に引き出すことができるでしょう。

6.3. スタイリッシュな雰囲気を維持するポイント

スタイリッシュなオフィスの雰囲気を保つためには、日常のメンテナンスが不可欠です。高品質な素材を使用したインテリアであっても、日々のお手入れを怠ると、見た目の美しさが損なわれてしまいます。また、空間を整理整頓し、 clutter(ごちゃごちゃした物)が少ないクリーンな環境を保つこともポイントです。定期的に内装や装飾品のレイアウトを見直すことで、新鮮な印象を与える効果もあります。さらに、オフィスに在籍する社員ひとりひとりが、オフィス空間を自分たちの居心地の良いものと感じられるよう、彼らの声に耳を傾けることも忘れてはなりません。スタッフが快適に過ごすことができる環境づくりこそが、スタイリッシュなオフィスを長期にわたって維持するための秘訣と言えるでしょう。

shinka 92740 renovated warehouse office architecturemodarn offi 8091f9fe 6cbe 4d51 afb8 3377197c9fceしんか

7. コストを抑えて個性を出すローコストレイアウトのヒント

個性的なオフィスを作るためには、大きな予算が必要だと思われがちですが、工夫次第で低予算でも個性的な空間を作り出せます。大事なのは、どのように予算を割り振るか、目的に合ったアイテムを選ぶかです。ローコストでも魅力的なオフィスレイアウトのコツとは、まず予算を事前に明確に設定することです。次に、リサイクル素材や自然素材を活用し、創造性豊かなデザインを実現します。さらに、スペースの有効活用により、無駄なく機能的なオフィス空間を作り上げることができるのです。

7.1. ローコストデザインのプリンシパル

ローコストデザインは、割り切りと工夫が必要なデザイン手法です。まず基本となるのは、必要最低限の材料と装備で上質な空間を演出することです。素材の持つ質感や色を活かしたデザインは、余計な装飾を減らしながらも個性を引き立てることができます。また、機能とフォルムを両立させたシンプルな家具やアクセサリーを選ぶことも重要でしょう。地元の職人と連携して、手作りのアイテムを活用することで、オフィスに独自性を持たせることができます。さらに、LED照明や自然光を利用することで、省エネルギーでありながらもオフィスの雰囲気を作ることができます。

7.2. 賢い予算管理で実現する個性的なオフィス

予算を上手く管理することは、ローコストで個性的なオフィスを実現するための鍵です。重要なのは、予算をかける部分と抑える部分を明確にすることです。例えば、クライアントを迎え入れる受付エリアには印象をもってもらうためにコストをかけ、スタッフが多くの時間を過ごすワークスペースは機能性と快適性を考慮して必要最小限の予算でまとめるといった具体的な計画があります。また、長期的なコスト削減を狙い、メンテナンス費用の低い材料を選ぶことも大切です。

7.3. 費用対効果が高いオフィスデザインの選択

費用対効果を考慮したオフィスデザインを選ぶことは、経済的な制約がある場合に特に重要です。多目的に使える家具や移動しやすい間仕切りを使用することで、一つのアイテムで複数の機能を果たすことができます。また、時代の変化に合わせて雰囲気を変えられるよう、モジュール式の家具やアクセントになるアートなどを取り入れることも効果的です。ポップアップスペースの配置により、臨時のプロジェクトやイベントに対応できる柔軟性を持たせることも、コストパフォーマンスを高める手段と言えるでしょう。

20171206 115232しんか

アメリカでは2018年頃からはこのデザインがスタンダードでした

8. クリエイティブな職場を支えるダクトレールの使用方法

クリエイティブな職場をつくるためには、柔軟な照明計画が重要です。スケルトンオフィスにおいてダクトレールは、照明の配置を自由に調整し、空間に合わせた最適な光の演出を行うための必須アイテムとなります。ダクトレールを使用することで、従来の静的な空間から、動的で調整可能な空間へと変化をもたらすことができるのです。どのようにダクトレールを用いれば、職場の生産性を高め、クリエイティブな雰囲気を醸成することができるのでしょうか。この記事では、ダクトレールの機能的な使用方法と、それによって実現できる働きやすい環境について詳しく解説していきます。

8.1. ダクトレールを用いた照明計画

照明は職場の雰囲気を大きく左右します。ダクトレールはその柔軟性と機能性から、照明計画において重要な役割を果たします。一例として、ワークスペースに必要な集中光としてスポットライトをダクトレールに搭載し、作業エリアを適切に照らすことができます。加えて、間接照明によって空間全体をなだらかに照らすことで、眼の疲れを軽減しリラックスした雰囲気を生み出せます。ダクトレールを活用した照明計画では、その時々のプロジェクトやチームの動きに応じて照明の配置を簡単に変更できる点が大きなメリットです。レイアウトの柔軟な変更を可能にし、創造力を刺激する環境を維持していくためには、ダクトレールによる照明計画が効果的でしょう。

8.2. 配線とデザインの融合

ダクトレールは、配線における見た目の問題を解決するためにも用いられます。天井や壁にダクトレールを取り付けることにより、照明やその他の電装品の電源をスマートに配置できます。また、ダクトレール自体が持つシンプルかつ機能的なデザインは、スケルトンオフィスのインダストリアルな雰囲気とも見事に融合します。電源コードが露出することなく綺麗にまとまるため、すっきりとした空間を保ちつつデザインの一環としてダクトレールを活かすことができるのです。クリエイティブな空間作りでは、利便性はもちろんのこと、デザインの統一感を重視することが求められます。これらの点からも、ダクトレールは多目的にわたって有効なツールであると言えるでしょう。

8.3. 空間の柔軟性を高めるシステムレールの活用

システムレールとしてのダクトレールの存在は、空間の柔軟性を格段に高めます。ですから、レイアウト変更が頻繁に行われるクリエイティブなオフィスではその価値が特に高まります。例えば、新しいプロジェクトの開始に伴い、チームの配置を効率的に変更する必要がある場合や、イベントなどの特別なシーンで照明の方向性を変えたい時など、ダクトレールがあればこれらのニーズにすぐに応えることができます。また、照明以外にもダクトレールにはディスプレイや小物を吊り下げることも可能であり、装飾や展示の柔軟性も高まります。このように、ダクトレールの活用はスケルトンオフィスの空間を最大限に活かし、日々の業務や快適な職場環境の維持に寄与していきます。

1しんか

企業成長を促す採用戦略の1つの選択肢 スケルトンオフィス

クリエイティブな発想が生み出させる空間を創造できる可能性があるのがスケルトンオフィス
スケルトンオフィスはダサいオフィス空間から無機質なオフィス空間の中に自分たちらしさを表現できるワークプレイスが選ばれています。

6しんか

7しんか

採用できるオフィス環境づくり

新入社員の方たちは働く環境は少なからず気になるはずです。
ダサいオフィスよりもおしゃれなオフィスで働いてほしい。
それが小規模の会社でもおしゃれなオフィス環境で働き、
会社の変化に合わせて内装工事をしなくてもレイアウト変更できるフレキシブルな環境。

私たちも2022年に1からスケルトンオフィスを社員と一緒に作り、
スケルトンオフィスで働くことで採用には困りませんでした。
3名だった会社は12名まで増えました。
そんな体験を皆さんにもし体験してほしいと考えております。

そんなオフィス移転をしたい方は下記よりご相談ください。
まずは弊社オフィスに遊びに来てください。

スケルトンオフィス エントランスTOP小さめしんか


いい仲間と出会い、

社員のモチベーションが高くて、

クリエイティブな発想ができる環境。

唯一のオフィスカテゴリーがスケルトンオフィス

スケルトンオフィス東京

しんかがお手伝いできること

ワークプレイスラボ

コンクリート打ちっぱなしスケルトンオフィスを探してみる

コンクリート打ちっぱなしのスケルトンオフィスが実際に物件を取材して物件掲載しております。
ワクワクする物件だけを掲載しているのであなたが好きな物件も見つかるかもしれません。

スケルトンオフィス東京

しんかがお手伝いできること

ワークプレイスラボ

関連記事

DIYでスケルトンオフィスつくってみた

これからのワークプレイス

しんかするワークプレイス

しんかするオフィス探し

しんかする居抜き退去・入居

リモートワークをスムーズで行うためのワークプレイス

起業時代のデジタルツール活用 しんかするワークプレイス

無料14日体験!リモートワーク、業務効率化

ワークプレイスの最新情報配信中

くだもんコメントメルマガ