記事

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ワークスタイル
  4. 成長企業が賃貸オフィス物件探しの立地条件 静かな仕事環境と中心地へのアクセス
shinka 92740 renovated warehouse office architecturemodarn offi ac27cea2 3943 4d27 b9c7 d20be5a9e95eしんか

成長企業が賃貸オフィス物件探しの立地条件 静かな仕事環境と中心地へのアクセス

効率的な仕事環境と社員の働きやすさを考え、オフィス探しには立地が重要です。アクセスの良さと静けさ、2つの要素をどのように満たせばいいのでしょうか?このブログでは、中心地へのアクセスと静かな作業空間を兼ね備えたオフィス物件の選び方を解説します。

shinka 92740 industry design renovated warehouse office archite d079580a 9d9e 40bf bcea b33fe4281c83しんか

1. オフィス物件探しの基本 アクセスの良さを重視

オフィス探しに、交通アクセスの良さは非常に重要です。ビジネスの機会は人の動きに密接に結びついていますから、クライアントや取引先がオフィスに訪れやすい立地であることは、仕事の効率や企業のイメージ構築に直結します。では、交通利便性とは具体的にどういうことなのでしょうか。次の項目では、この点に焦点をあてて、より深く掘り下げて説明していきます。

1.1. 交通利便性とは何か

交通利便性というのは、オフィスまでのアクセスがどれだけしやすいかを意味します。ここでいう「しやすい」とは、主要な交通手段である電車、バス、車などがスムーズにつかえること、そして、多くの人が利用している駅やバス停から近いことをさしています。また次の点として、雨の日でも濡れずにオフィスにつけるよう、駅直結や地下通路と直結しているビルも利便性がたかいといえるでしょう。さらには、都心を結ぶ主要路線の駅が近い場合、日々の通勤はもとより、ビジネスチャンスを広げる意味でも有利になります。

1.2. 企業ロケーションの重要性

企業のロケーション選びは、その企業が持つブランドイメージに直接的な影響を与えます。都心の高層ビルにあるオフィスや有名商業エリアに位置することで、企業としての信頼感やステイタスが高まるのは明らかです。それらのエリアは、客観的にみてもアクセスの良さに優れていることが多いため、ビジネス面でのメリットが大きいことがわかります。ひいては人材をひきつける力にもなり、優秀な人材が集まりやすい環境づくりに寄与します。

1.3. 社員の通勤を考慮した立地選び

オフィスの立地選びでは、社員の通勤経路も重要なファクターです。通勤時間が短いことは、社員のワークライフバランスに寄与し、仕事における生産性向上にもつながります。オフィスが一カ所に集中しすぎていると、社員の通勤時間が長くなり、ストレスになってしまいますから、分散型のオフィス戦略もひとつの選択肢でしょう。社員の住むエリアを勘案し、それぞれにアクセスしやすい複数の拠点を設けることで、労働環境を改善し、企業全体の成長に貢献します。

shinka 92740 renovated warehouse office architecturemodarn offi d5030066 36c3 497b b7d8 d6b77039549d 1しんか

2. 静穏性を求める賃貸オフィス選び

たくさんの雑音な市内で作業するのは難しいです。だからといって、静かな賃貸オフィスを選ぶことは大切です。たとえば、大きな道路から離れた場所や、静かな住宅地にあるオフィスなどが考えられます。音の少ない環境では、心も落ち着き、作業に集中できるでしょう。さらに、クライアントとの会議が多い場合、騒音が少ないと会話がスムーズに進んで、良い印象を与えることができるでしょう。

2.1. 騒音を避けるためのポイント

賃貸オフィスを選ぶ際には、騒音を避けることが重要です。特に、外からの音が入りにくい構造になっているか、窓が二重窓になっているかなど、詳細をチェックすることがポイントです。また、エアコンや給排水の設備音が気にならないかどうかも確認する必要があります。近くに鉄道が通っていないか、上下階のテナントはどのような業種かも調査しておくと良いでしょう。さらには、オフィス内部での防音対策として、パーティションなどでスペースを分けることも効果的です。

2.2. 静かなオフィス環境のメリット

静かなオフィス環境がもたらすメリットは多いです。まずは、職員のストレスが軽減され、心理的な快適さが保たれることが挙げられます。これによって、職員のメンタルヘルスが向上し、職場の雰囲気が良くなることでしょう。また、雑音が少ない環境では、仕事のミスが減り、効率が良くなると言われています。さらに静かな環境は、作業の質を高める効果もあります。難しい問題に集中するためには、静穏性が保たれたオフィスは非常に重要です。

2.3. オフィス立地で影響する営業効率

営業効率をあげるためには、オフィスの立地も非常に大切な要素です。中心地であれば、取引先に会いやすく、商談のチャンスも増えます。また、中心地にオフィスがあることは、企業のステイタスを示すことにもなります。しかし、賑やかな場所では騒音が心配されますが、上手に立地を選ぶことで、営業効率の向上と静穏性を両立させることができるでしょう。

2.4. 営業の足が速くなる駅近オフィス

営業担当にとって、駅近のオフィスは移動効率を高めるうえで非常に有利です。訪問先が多い場合、移動時間を減らすことができ、1日の訪問件数を増やすことも可能です。また、急なアポイントメントにもスムーズに対応できます。ただし、駅前のオフィスは騒音の問題があることもありますので、選ぶ際にはその点に注意する必要があります。

2.5. ビジネスエリアでのオフィスの利点

ビジネスエリアにオフィスを構えることで、業界の中心で活動することができます。取引先や同業者とのネットワーキングの機会も多くなります。そのうえで、ビジネスエリアでは、質の高いサービスが受けられる施設やレストランも豊富で、クライアントを迎える際の印象アップにつながります。静穏性を保ちつつ、ビジネスエリアでの立地を選ぶことは、営業効率と企業イメージの向上に貢献します。

shinka 92740 renovated warehouse office architecturemodarn offi 4f413a86 6ae9 483d 8fa5 025a977d209fしんか

3. 企業イメージに合ったオフィスビルの選び方

オフィスビルを選ぶときには、ただの仕事場を越えた多くの意味を持つことがあります。企業イメージやブランドにマッチするビルは、訪れる顧客への印象を強くし、社員のやる気にも大いに影響を与えるからです。また、業種や企業文化、企業理念にフィットするデザインや機能を持つビルは、それだけでもう一つの戦略的資産になり得ます。ここでは、企業イメージと調和するオフィスビルを選ぶ時のポイントを、いくつかご紹介します。

3.1. 企業のブランドを高めるオフィスの質

企業のブランドイメージを高める上で、オフィスの質は非常に重要です。品質の高いオフィスを選ぶことで、訪れる顧客に対して信頼感や安心感を与えられます。また、品質の良いオフィス環境は、従業員のモチベーション向上にも繋がり、業務効率や創造力のアップにも寄与することでしょう。具体的には、最新の設備を持ったエコフレンドリーなビルや、デザイン性に富んだ個性的なオフィスビルなどが該当します。ビルが持つステータスによって、企業に対する外部からの見え方も変わってまいります。

3.2. 表参道や都心部 オフィス選択のセンス

都心部や代表的な商業地、例えば表参道のような場所にオフィスを構えることは、企業イメージを格段に高める効果があるでしょう。ただし、単に地の利を求めるだけでなく、オフィスとしての機能性や、そこで働く従業員への利便性も考慮に入れた選択を心がけるべきです。人目を惹くような洗練されたファサードや、アート作品が飾られたロビーなど、細部にわたってセンスを感じさせるオフィスビルは、その企業の革新性や先進性を印象づけることができるでしょう。

3.3. 企業のブランドを高めるオフィスの質

既に同様の見出しで説明しているため、別の視点からのアプローチを試みます。

企業ブランドを惹き立てるオフィスの質には、社内のコラボレーションを促進する開放的なフロアプランや、クリエイティブな発想を刺激するインテリアデザインなど、社内文化を育む要素も含まれます。市場の変化に素早く対応できるよう、変更が容易な間取りのフレキシブルなオフィスレイアウトを採用することで、スタッフ間のコミュニケーションを活発にし、チームワークを向上させる効果も期待できます。オフィスの質とは、見た目の豪華さだけでなく、働く人々の創造性といった内面的な価値を高める要因でもあるのです。

shinka 92740 cashless company japanese sales workers friendly t 918792ac f1af 4c6e 9150 1b3b8230f7bdしんか

4. ランチ難民回避 飲食店の多いオフィスエリアの重要性

ランチタイムは、社員たちが一息ついて、エネルギーを補充する大切な時間です。飲食店が充実しているオフィスエリアは、ランチの選択肢が多く、ランチ難民を回避するためにも重要だといえます。また、ビジネスパーソンにとって、外でのランチはビジネスの場としての役割も担います。飲食店が多いエリアでは、客先との昼食ミーティングの際の選択肢が増え、ビジネスの機会も広がります。このように、オフィスエリア選びにおいては、ランチタイムを快適に過ごせるかどうかは非常に大きなポイントになります。

4.1. 社員の満足度アップ レストラン周辺のオフィス

ランチオプションの多さは、社員満足度を上げる重要な要素です。レストランが身近にあるオフィスエリアでは、社員は食事の多様性を享受でき、活力ある職場作りにつながります。仕事の合間のリフレッシュタイムとして、美味しいランチを求めてウォーキングができる環境は、心身のバランスを保つ上でも大きなメリットでしょう。さらに、ランチを通じてコミュニケーションが取れることで、チームワークの強化にも役立ちます。細かな配慮が行き届いたオフィス環境は、社員の働きがいに直結し、結果として企業の生産性向上にも貢献するのです。

4.2. アクセスの良いランチスポット

ランチタイムに求められるのは、美味しい食事だけでなく、移動にかかる時間の少なさも重要です。アクセスの良いランチスポットが近くにありますと、食事のための移動時間を短縮でき、効率的にランチタイムを利用できます。特に、繁忙期など忙しい時期には、近場で手早くランチを済ますことができることで、仕事への影響を最小限に抑えることが可能です。ストレスを減らし、集中力を維持するためには、ランチスポットのアクセスの良し悪しは意外に大きな要因ではないでしょうか。良好なランチ環境は、社員の働きやすさを決定づける重要なポイントといえるでしょう。

shinka 92740 japanese sale man in the office. person to talk. 8984d1d8 5161 4922 bfbe 854acf805981しんか


5. 企業毎の異なるオフィス探しのポイント

オフィスを選ぶ時、企業の規模や業種、文化、将来的な成長計画などによって求められる条件は大きく異なります。たとえば、クリエイティブな作業が主な企業であれば、自由な発想を促すような開放的な空間が必要でしょう。一方で、保守性やセキュリティが求められる企業では、プライバシーを保護する設計や最新のセキュリティシステムが整っている物件が適しているかもしれません。これらの要求を汲み取り、企業ごとに合ったオフィス選びのポイントを押さえることが、事業の成功につながるでしょう。

5.1. スタートアップに適したオフィス選び

スタートアップ企業は、変化が激しく、多様な才能を引き付けることが成功の一つの鍵となります。そういった企業には、柔軟なレイアウトの調整が可能で、コラボレーションを促進する共有スペースがあるオフィスが適しています。また、資金が限られていることも多いので、余計な設備投資を避け、必要最低限のコストで運用が可能な物件を探すべきでしょう。スタートアップは成長のスピードが速いため、将来の拡張が容易なスペースがある場所、たとえばサブリースが容易なビルなども視野に入れることが大切です。

5.2. 独立系業務用オフィスの特徴

独立系業務用オフィスは、中小企業やフリーランサーに適した空間です。こういったタイプのオフィスはリーズナブルな価格帯でありながら、プロフェッショナルなビジネスイメージを損なわないデザインが魅力的です。また、高速インターネット接続や会議室といった、ビジネスに必要な施設も充実しています。プライバシーも確保されつつ、他のビジネスオーナーやフリーランサーとの交流の場も提供されることがあるため、コミュニティ感のある環境で働ける点も特徴的です。

5.3. コストパフォーマンスを考えたオフィスの選定

コストパフォーマンスを考えたオフィス選びとは、単に安価な物件を選ぶということではありません。企業のブランドイメージや従業員の満足度など、間接的ながらビジネスに大きく寄与する要素も比較的低いコストで実現可能な物件を選定することが求められるでしょう。例えば、ある程度の立地やデザインの良さを持ちながらも、不要なラグジュアリーなサービスを省略することで、適正な価格で質の高いオフィス環境を提供する物件を探すことは、コストパフォーマンスを考える上で重要です。임할 수 있습니다.

shinka 92740 industry design renovated warehouse office archite ea3cc95d d7e5 4605 90b0 9faab87bd9daしんか

6.事業成長ができるオフィス環境の作り方

オフィスの環境は社員の働くモチベーションや生産性に大きな影響を及ぼします。各企業では、障害がなく効率的なオフィスの環境を確立するため、幾つかの要素を考慮することが必須となります。これには、アクセスの良さや静穏性、さらにはオフィスビルの品質などが含まれます。適切なバランスを見つけて、コストパフォーマンスに優れた環境を構築することが求められているのです。

6.1. アクセス、コスト、品質のバランス

アクセス、コスト、品質はオフィス環境を検討する際の三大要素です。まず、アクセスの良さは、社員がストレスなく通勤できるだけでなく、企業がクライアントやビジネスパートナーとのミーティングを行う上で非常に重要になります。手頃な賃料で物件を見つけたいところですが、低コストで便利さや快適さを犠牲にするわけにはいきません。そのため、オフィスの賃料と利便性のバランスを取ることが肝要です。さらに、オフィスの内外装の品質は、企業のイメージを左右する要素としても重視されるべきです。高品質なオフィス環境は、働く人たちの幸福度を高め、結果としてビジネスの成功へとつながるのです。

6.2. 物件選びで失敗しないための費用対効果分析

オフィス物件を選ぶ際には、ひとまず潜在的な物件のリストアップから始めますが、その中から最終的な選択を下す為には費用対効果の分析が不可欠です。おおよその賃料予算はもちろんのこと、その物件の立地がもたらす利便性や周辺環境、オフィスビルの設備やセキュリティの状況を考慮して、総合的なコストパフォーマンスを見極める必要があります。また、将来の事業拡大や社員数の増加を見据えた時に、その物件が対応できる拡張性も重要な判断材料になります。失敗しない物件選びのためには、長期的な視野に立って、緻密な分析が必要です。

6.3. コストを抑えつつ最適なオフィスを見つける方法

最適なオフィスを探すには、ただ単に安価な物件を探すだけではなく、コストを抑えつつも最大限の効果を得られる物件を選定することが大切です。これには、物件選びの初期段階で、必要なオフィスの機能や企業の価値観を明確にし、それに見合った物件をピンポイントで探す戦略が有効です。仮に予算が限られている場合でも、工夫次第では従業員が快適に働けるようなオフィスを確保することは決して不可能ではありません。費用対効果を重視しながら、様々な物件を比較し、適した一つを見つけ出す努力が求められます。

shinka 92740 renovated warehouse office architecturemodarn offi 89957e29 2caf 458a 800f 10f7e63fa82cしんか

7. 従業員の幸福とパフォーマンス向上への投資

オフィスはただの作業場所ではありません。従業員の幸せを支え、また、そのパフォーマンスの向上に直結する重要な空間です。企業としては、労働環境を整えることによって、従業員のモチベーションを維持、向上させることが可能になるのです。環境といっても、様々な要素が絡み合っていますが、具体的には、職場の物理的な環境改善に投資することが、従業員の満足度を高める一助となるでしょう。

7.1. 総合的な快適な職場環境とその影響

働く上での快適な環境を提供することは、従業員の幸福感に直接影響を与えます。例えば、オフィスに自然光が入ることで、ストレスが軽減され、生産性が向上するという研究結果があります。また、快適な椅子や机、適度な温度管理、きれいと感じられる空間などの物理的な環境も大きく関わってきます。加えて、休憩スペースの充実や、個人の仕事に集中できる環境づくりも、従業員の満足度を高める重要な要素です。これらの投資が、結果として社員のパフォーマンスの向上につながるのです。

7.2. 人材定着とパフォーマンスの相乗効果

人材定着を図ることは、長期的な経営戦略において極めて重要です。オフィス環境を整えることは、従業員が企業に長く留まる誘因の一つとなります。従業員が快適に感じる職場環境は、積極的に働きたいという意欲を高め、その結果、パフォーマンスの向上にもつながります。また、一定の満足度が保たれている職場では、社員同士のコミュニケーションも活性化され、チームとしての生産性向上にも寄与します。幸福な従業員は良好な対外関係を築くことができ、企業の良いイメージを形成する要因にもなり得ます。

7.3. 投資としての職場環境改善の価値

職場環境の改善に対する投資は、単なるコストではなく、将来的なリターンを生むための重要な投資です。従業員一人ひとりの能力を最大限に引き出し、企業全体のパフォーマンスを高めるためには、快適で健康的な職場環境が不可欠です。具体的には、エルゴノミクスに基づいたオフィス家具の導入や、リフレッシュできる休憩スペースの設置、更には従業員がリフレッシュできるスペースの確保など、様々な角度からのアプローチが考えられます。これらの努力は従業員の健康を守り、結果的に会社の成果にもつながるのです。

1しんか

採用できるオフィス環境づくり

新入社員の方たちは働く環境は少なからず気になるはずです。
ダサいオフィスよりもおしゃれなオフィスで働いてほしい。
それが小規模の会社でもおしゃれなオフィス環境で働き、
会社の変化に合わせて内装工事をしなくてもレイアウト変更できるフレキシブルな環境。

私たちも2022年に1からスケルトンオフィスを社員と一緒に作り、
スケルトンオフィスで働くことで採用には困りませんでした。
3名だった会社は12名まで増えました。
そんな体験を皆さんにもし体験してほしいと考えております。

そんなオフィス移転をしたい方は下記よりご相談ください。
まずは弊社オフィスに遊びに来てください。

スケルトンオフィス エントランスTOP小さめしんか


いい仲間と出会い、

社員のモチベーションが高くて、

クリエイティブな発想ができる環境。

唯一のオフィスカテゴリーがスケルトンオフィス

スケルトンオフィス東京

しんかがお手伝いできること

ワークプレイスラボ


私たちは皆さんの働き方に合わせてオフィス探しをお手伝いしております

今まで出会えなかった人材と出会える、会社らしさが表現できる、コスパのいいオフィスカテゴリー
スケルトンオフィスだけをキュレーションサイト

スケルトンオフィス東京

渋谷区神南でクリエイティブな日常を共につくるコワーキングサロン
SLOTH JINNAN

事業を成長するための新しい世界観を提供する
オフィス探しなら株式会社しんか

関連記事

DIYでスケルトンオフィスつくってみた

これからのワークプレイス

しんかするワークプレイス

しんかするオフィス探し

しんかする居抜き退去・入居

リモートワークをスムーズで行うためのワークプレイス

起業時代のデジタルツール活用 しんかするワークプレイス

無料14日体験!リモートワーク、業務効率化

ワークプレイスの最新情報配信中

くだもんコメントメルマガ