記事

企業の次のステージをつくる

  1. HOME
  2. ブログ
  3. しんかする居抜き
  4. ワークプレイスのソーシャルディスタンスなニューノーマルはどうなる?
スケルトンオフィス しんか

ワークプレイスのソーシャルディスタンスなニューノーマルはどうなる?

時代の変化は加速して、再構築していく

意外と在宅にてリモートワークが問題なくできることで
今の時代にあったニューノーマル構築が進んでいます

今までのように全員が同じような環境で働くではなく、
働き方、役割によってワークプレイスのあり方は異なっていこうとしています。

進捗が数値化しやすい職種

リモートでも結果、数値の管理がしやすく、
困ったことがあれば電話やzoomを繋ぐ形で問題ない

例)カスタマーセンター
今日は◯件対応した

例)エンジニア
「完成まであと◯%、◯日までには完成出来そう」の報告で進捗管理できる

在宅になると困ること

複数人でのディスカッションzoom
(相手が話終わるまで黙ってないといけない、微妙なタイムラグで話がしにくい)
   
進捗が見えにくい職種は管理がしにくい(経営企画、マーケ、営業系)
成果主義の会社は問題ないのかも?会社の考え方による

ソーシャルディスタンスという繋がり方

簡単な操作方法くらいなら問題ないが、会社の想いを伝えて理解してもらうことや新人教育、OJTはなかなかWEB会議では熱量が、温度感が相手に伝わりにくい

成果主義で個人プレー系、結果出せれば自由にやっていいよっていう社風の企業は問題ないんですが、「チーム一丸となって、みんなで心を一つにしよう!」みたいな社風なので、社員の顔を見て繋がる流れは必須だと思います

ワークプレイスのあり方も変わる

会社は場所の管理をしているわけではなくなり
今まで価値のなかった場所にニーズが出てくる
コミュニケーションをつくる場を提供するために会社と働き手の繋がり方が変わっていきます。

コロナ時代のビジネスチャンスがある

今まで忖度で変化できなかったものも今なら大胆に変化させていっている企業が多く出てきています。でも様子見も、自分たちらしいビジネスのやり方にシフトする、新規業態にチャレンジする、今までのビジネスをピポットしていく、など多様的に事業再開後の動きは異なりますが、すべてのビジネスが打撃を受けているわけではなく、好調の市場もあります。

コロナ時代のビジネスチャンスへの取り組みをあさチャンに取材を受けました

ワークプレイスのニューノーマルは日々変化しています

ニューノーマルに正解はなく、まだまだ模索中です。またその会社の働き方、考え方に合わせて、多様化していく流れが加速していきそうです

みなさんとニューノーマルを作っていきたいと思いますので
最新の市場の動向を惜しみなくご提供しております。

関連記事

withコロナ支援を取材頂きました

これからのワークプレイス

しんかするワークプレイス

しんかするオフィス探し

しんかする居抜き退去・入居

メディア掲載『いま部屋を探しています』

リモートワークをスムーズで行うためのワークプレイス

起業時代のデジタルツール活用 しんかするワークプレイス

無料14日体験!リモートワーク、業務効率化

ワークプレイスの最新情報配信中

くだもんコメントメルマガ