特集記事

  1. HOME
  2. ブログ
  3. しんかする居抜き
  4. アフターコロナのオフィスのあり方
しんかするワークプレイス

アフターコロナのオフィスのあり方

これからのオフィスのあり方を考えた時に

リモートワーク時代のオフィスのあり方を考えていく必要があると考えます。

コストは最低限で、集まりたい時にだけ集まれる場所(オフィス)のニーズが増えてくると思います。

またその際にリモートワーカーと集まっている場を繋ぐデバイスがある空間が必要になってくると思います。

まだ正解はない、遠くの未来も見えない

これからのオフィスのあり方は会社の文化、業態によって正解が異なってくると考えています。

コロナが収まるまでは、もしかしたら正解なんかなく、常に変わり続けていくのかもしれません。

まだ誰も知らない答えをみなさんで探していくことになります。



リモートワークの限界

リモートワークでは単純な業務は効率的にこなせても、
新しく創造できないものがあります。

オンライン型以外のビジネスは新しい創造なくして成長できない部分があります

ではこれからどんなオフィスが求められてくるのか。

これからのキーワード

1、集合より集中

今まで同じ場所にいることでコミュニケーションが生まれて、その熱量が一体感を生み出し、会社の運営のエナジーとなってきました。リモートワーク導入して大きな効果は業務に集中できることなのではないでしょうか。
その集中をどこ、どのように行うのかが問われています。

仮想背景などを使っても、家でのリモートワーク、クライアントミーティングには限界がありませんか?

2、リスク分散 ⇒ オフィス分散

みんなが集まるためのオフィスは1つのリスクに変わろうとしています。これからはオフィスを分散することで通勤、商談場所の距離を身近に、利便性を上げていくことが求められていきます。セキュリティが確保されている個室を確保できればTV会議での参加してもらうことで場所と時間を選ばない働き方に繋がり、オフィス分散がリスク分散につながります。

3、個人の選択肢の広がり

これからは仕事の成果を出せる人の雇用のニーズが増していきます。そのために、各自の事情が今以上に考慮されてくる時代になることで、働き方も会社に出社する人、リモートワークだけで働きたい人など、働き方の選択肢の広がりが始まっていくと考えられます。その人たちの選択肢の広がりの中でwithコロナ、アフターコロナに合わせた選択肢が広がっていきます。

変化しているポイントは3つ

1.コミュニケーションスタイル変化

今まで会社にみんなが集まることが前提で形成できていたという形からの変化が求められています。今まで「ZOOM便利だよね、でも今は。。。」という会社が多くいましたが、今はZOOM未経験者の方が少ないと思います。

オンラインの便利さを感じた半面、オフラインでしかできないことの価値に気付いている方も少ないないでしょう。オンラインとオフラインを融合するために新しい仕組みを導入する企業が増えてきています。

そんな時代の会議のやり方のスタイルも大きく変わっています。

弊社が『オフィスのあり方を変える』プロジェクトの一環で取り扱ってきたインタラクティブホワイトボードAnshi TOUCHは、今までよりも多く発注を頂いております。

他のどこの商品よりも日本での知名度がないのですが、使い勝手は今の私たちの環境には使いやすいwindows10の仕様で、わかりやすい操作感と各WEB会議システムが利用できるのが特徴です。



【オンラインとオフラインを繋ぐツール完備】


ZOOMなどのテレビ会議に連携したデジタルホワイトボード完備。
zoom、skype、teams、hang out、blue jeans、WebEXとの相性が良いから
メンバーに合わせてシステムを使い分けることができます

2、withコロナのオフィス環境づくり

今までの常識が変わるきっかけになっております。
それが2020年6月に今まで空室がなかった市場に一気に空室が増えている『オフィスをなくす』という選択にあります。
オフィスを完全になくすのではなく、一時退避という意味合いが強いです。
オフィスのあり方の見直しが各社で行われています。

オフィスを確保された企業の中にはwithコロナとどのように付き合っていくのかを模索していく中でwithコロナでオフィス環境の当たり前も変わっていきます。

リモートワークをずっと続けるには限界があり、リモートワークができるサテライトオフィスをどのように用意していくのかが課題になります。

3、会社らしさが求められてくる

これからは組織に属していて属していないようなリモートワーカーが多くなっていきます。これからは在宅勤務を大量に受け入れながら会社は成長していく時代になります。どのようにリモートワークで働いてもらうかの環境整備に目が行きがちです。

本当に求められてくるものはその会社に属している意味、その会社が大切にしているもの(コアバリュー)を中心に多様性の受け皿が構築されていくことによる会社の色が色濃く出てきます。それを言語化、具現化することをしていきながら、今の時代に価値を見出すことができる会社が残っていきます。

その会社らしさを表現する手法としてアートシンキングが有効的である。
単一的な会社ではなく、いかにユニークであり、その会社らしさを表現するための手法です。

あなたの会社らしさを表現できていますか?

これからのオフィスを一緒に考えます

今まで内容を反映したモデルオフィスを用意しています。

コロナ自粛期間中に頂いたニーズに合わせて仕様変更しています。

皆さんの希望に幅広く応えることができる空間提供をしていきます。

コストは最低限で、必要な時だけ仕事場を利用して、

集まりたい時だけメンバーと集まり、使った時間だけ支払うオフィス。

こちらの要素を活用して、自社のオフィスに導入をオススメしています。

内見のご要望はご相談ください。

オンラインとオフラインが一緒にできる空間

私たちが得意なアナログからデジタル化への支援を行っていきます。

完全個室2か所を時間貸しで利用できて、働く場所と打合せする場所をご用意。

渋谷で始めるリモートワーク時代のワークプレイス
https://www.shibuya-office.tokyo/

withコロナ時代のワークスペース支援

リモートワークで仕事できるからと言って完全にオフィスをなくすわけにはいきませんよね?

1000坪の退去から30坪のオフィス移転まで支援しております。

今、『オフィス移転したいんです』と言って、『じゃあ物件探します』と言っている不動産屋はほぼあなたの会社ことなんか考えていません。

オフィスあり方は会社の文化次第

まずオフィス移転をせずにできることがないかを私たちは提案しています。
それは私たちがレンタルスペースとシェアオフィスも運用している実績から提案できる内容になっております。

現在のオフィスを居抜きで退去したいというお問合せからスタート、これからのオフィスのあり方についてのワークスペース支援も行っております。

単純に物件を借りるから働き方、制度、会社の考え方まで色々と見直していく必要があります。

ワークスペース支援に関してはプロジェクト制でお受けしております。
オフィス環境の整備で関しては単発から継続的なことまでその企業の次のステージづくりができる内容でしたら気軽にご相談ください。

コロナ時代のビジネス支援がTBS「あさチャン」に取り上げられました。

これからのオフィスのあり方

オフィス不要論の中でこれからのオフィスはどうあるべきか?
働く場所からより会社らしさを表現する場所に変わっていくと考えています。
その中で企業のアイデンティティを表現して、サスティナブルなオフィスであるべきだと考えます。

それはどんなオフィスなのか?をスケルトンオフィス東京では記載しています。

オフィス居抜き退去・入居支援も行ってます

オフィス解約に伴う退去支援も行っております。
弊社ではニーズある方に情報提供するだけなので
居抜きだけでなく、什器備品の処分の支援もお手伝いしております。
意外とどこよりも効果的な支援になっております。

オフィスプロジェクトマネージメント

御社のために、オフィス環境の見直しのすべての内容に関して、各専門家としてお手伝いをさせて頂いております。

お客様『どこまでやって頂けますか?』

弊社『基本的にはすべてお手伝いします』

お客様『具体的には?』

弊社『会社設立から売上を上げて次回の移転を実現するまで』

お客様『なぜそのような形としているのですか』

弊社『顧客の成長を一緒に作っていきたいと思うと自然にそうなります』

各社の想いを知るきっかけがある環境におりますので、新しいチェレンジのきっかけを提供できております。

Withコロナ時代に最適なオフィスはスケルトンオフィスである!?

今多くのご相談を受ける中でオフィス移転に対する身軽さを求める企業の割合が大きくなっております。単なる解約予告の短縮ではなく、入居開始期間、費用投資含めて様々なものにまで及んでいます。

1、何もしなくてもおしゃれである

天井が抜けていて天井が高く、コンクリート打ちっぱなしだとその時点で普通のオフィスよりはおしゃれである。そこに自分たちの家具を持ち込むだけで自分たちらしさを表現できるのはシンプルにおしゃれな空間になる。

2、大規模な工事投資が不要

スケルトンオフィスだとすでに工事が施された状態なので、ライティングレールに設置するライトを追加で購入して設置する程度で、それ以上のものはいらない。個室の会議室は作るにはもったいないので家具のレイアウトで調整して頂きたい。初期で100~300万位かかる費用が浮き、工事期間がないと思うと効率的である。

3、原状回復がシンプルである

床、壁、天井の原状回復がシンプルです。
天井は特別なものを設置しなければ、原状回復工事がなく、床は貼り替えできるものであれば貼り替え、壁は塗装、もしくはクリーニングして現状渡し。
大規模な工事をしなければ通常の原状回復よりもシンプルになるはずです。

Withコロナ時代のワークプレイスに適したスケルトンオフィスをご紹介中

関連記事

withコロナ支援を取材頂きました

これからのワークプレイス

しんかするワークプレイス

しんかするオフィス探し

しんかする居抜き退去・入居

リモートワークをスムーズで行うためのワークプレイス

起業時代のデジタルツール活用 しんかするワークプレイス

無料14日体験!リモートワーク、業務効率化

ワークプレイスの最新情報配信中

くだもんコメントメルマガ